独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

岡崎牧場がこれまでに行った実習 (海外集団研修)

開発途上国においては、所得確保を目的とした養鶏技術の開発・普及、養鶏農家を振興する施策・制度が充分ではなく、庭先養鶏の段階にとどまっています。
岡崎牧場は、開発途上国の養鶏技術者に対して行う「鶏飼養管理・生産技術及び鶏病対策(平成20年度以降のコース名)(家畜改良センター全体で行っている海外集団研修の1つ)」において、実習・演習を担当しています。
実習は、鶏の繁殖・育種、栄養・飼料、飼養管理、衛生管理の知識等に関するもので、約2週間にわたり受け入れ、養鶏技術の向上に指導的な役割を担う人材の育成を図ることを目的としています。

これまでに行った実習の内容(プログラム及び実習風景)

関連ページ
このページの先頭へ