独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

牧場概要

ようこそ

最終更新日 2017/03/06

家畜改良センター十勝牧場のホームページにアクセスいただき、ありがとうございます。牧場長より、十勝牧場について簡単に紹介させていただきます。

you01.jpgの画像
十勝牧場はJR帯広駅の北、約16kmの音更町に位置し、総面積4,100haの中に一級河川2つを有する牧場で、十勝平野を一望できる展望台、直線距離1.3kmの白樺並木、樹齢500年を超える柏の大木など観光スポットもたくさんあり、エゾリス、エゾシマリス、エゾユキウサギ、キタキツネ、タンチョウ等の野生動物も見かけます。

you02.jpgの画像
真冬には-25℃以下になることもあり、地下50cmまで凍結する厳しい気候ですが、4月にはフクジュソウ、アズマイチゲ、エゾエンゴサク、5月の連休頃にはキタコブシ、エゾヤマザクラが咲き、続いてオオシロバナエンレイソウ、スズランなど、夏が近づくにつれ、エゾゼンテイカ、エゾスカシユリなどの野草の花々が楽しめます。

you03.jpgの画像
牧場で飼養している家畜は、肉用牛、乳用牛、馬、めん羊の4畜種で、主な業務は以下のとおりです。内容については各業務の紹介サイトをご覧下さい。


皆様に十勝牧場の業務、家畜、飼料作物などを少しでもご理解いただければ幸いであり、機会があれば是非とも自然豊かな北海道、十勝の地へ、そして十勝牧場にお越しくださることを職員ともどもお待ちしております。

家畜改良センター十勝牧場長
櫻井保
このページの先頭へ