独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

個別研修・実習・インターンシップを希望される皆様へ

最終更新日 2017/05/26

手続きの方法

1.個別研修・学生実習

(1)研修等の受入確認
当場総務課(担当課)に以下の事項を連絡して下さい。
電話連絡をいただく前に、FAXで必要事項を送付して頂くと確実です。
TEL:0155-44-2131
FAX:0155-44-2215

◇氏名、所属、性別
◇研修等の希望時期及び期間
◇研修等の目的、主旨(学生の場合は「農場十種」など)
◇連絡先(電話番号、メールアドレス、書類の送付先)
◇希望する研修等の内容(畜種、飼養管理、繁殖技術など)

《注意事項》
◆研修等の内容については当場業務の都合により、必ずしもご希望に添えない場合があります。特に学生実習の多い夏休み期間は繁殖業務や分娩介護業務がなく、家畜も放牧しているものが多いため、ご希望に添えない場合があることをご承知おき下さい。
◆十勝牧場には宿泊施設等がないため、宿泊や食事についてはご自身で手配頂きますようお願いいたします。
◆研修期間については、なるべく他の研修希望者と重ねるように調整させて頂きます。
◆同一大学から複数名が研修に来られる場合は、相互に連絡を取り合って、まとめてご連絡頂きますようお願いいたします。
研修等の申込み
電話連絡により、研修等の期間や内容に問題がなければ以下の書類をホームページからダウンロードし、必要事項を記入のうえ十勝牧場あて送付して下さい。
*ただし、学生及び団体・企業に属する方で、農家または就農希望者については推薦書(様式2号)は必要ありません。
受入の決定及び通知
研修等の受入が決定すれば、推薦書の必要な方には推薦者に、推薦書の不要な方には本人あて「研修受講承認通知書」を送付いたします。

2.インターンシップ

(1)申込み
手続きは大学の担当部局から家畜改良センター本所総務部人事課あて申し込んで頂くことになります。牧場ごとの受入内容(業務、受入期間)が決まっているため、本所のホームページで各牧場の受入内容を確認のうえ、お申し込み下さい。
(2)受入の決定及び通知
本所と当場で日程等を調整のうえ、本所から大学あて受入決定書を送付いたします。
(3)受入決定後の調整
本所での決定を受け、当場と学生との間で実施期間等について調整させて頂きます。
(4)実習内容
個別研修や学生実習とは異なり、インターンシップでは職場の仕事を知ってもらう必要があるため、実習の内容にはパソコンによるデータ整理など、事務的な仕事の研修も含まれることになります。
*個別研修や学生実習と混同されないよう、ご注意願います。

研修中(個別研修・学生実習/インターンシップ共通)

◇来場についてはバス、またはタクシー等でお出で頂くことになります。また、バスについても拓殖バスのバス停「十勝牧場前」から事務所までは徒歩で15~20分程度かかります。バス停からの送迎や移動については別途ご相談下さい。

◇ご来場の際には、筆記用具、健康保険証をご持参下さい。なお、防疫上の観点から作業衣や長靴の類は一切持ち込まないで下さい。

◇研修初日は8時30分までに事務所へお越し下さい。研修担当者が研修担当課の職員に引き継ぎます。

◇研修初日に研修日誌とアンケートをお渡ししますので記入のうえ、研修終了時に担当者に提出して下さい。

◇ご希望があれば、研修中の場内移動用に自転車をお貸しします。

研修終了後

(1)個別研修・学生実習

実習証明書等が必要な場合は、各大学、機関所定の様式を研修受講申請書等の書類とともに送付して下さい。

(2)インターンシップ

研修終了後2週間以内に研修報告書(1000字程度)を作成し、担当牧場に送付して下さい。
このページの先頭へ