独立行政法人
家畜改良センター鳥取牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

牧草の硝酸体窒素含有率低減に向けて

 鳥取牧場の牛は敷地内の畑で収穫した牧草を食べています。

 牛が硝酸態窒素が多く含まれる牧草を食べると中毒症状を起こすことが知られています。急性の場合は牛が死亡したり、慢性でも食欲の減退、繁殖成績の低下などの悪影響を及ぼします。

 鳥取牧場では定期的に牧草の硝酸態窒素濃度の測定を行い、測定値に基づき収穫時期・飼料の調整方法の決定や施肥設計を行い、飼料中の硝酸態窒素含有率の低減を図っています。
測定の流れ
        ①牧草地から数箇所サンプルを採取し、乾燥機で乾かす。
bunseki1の画像
        ②粉末にする。(ここでは家電の ミキサーを使用。)
bunseki2の画像
        ③必要量を計量。
bunseki3の画像
        ④計量した試料を規程量の水に入れ、攪拌する。
bunseki4の画像
        ⑤ろ過する。
bunseki5の画像
        ⑥測定器で測定する。
bunseki6の画像
        ⑦測定値から牧草中の硝酸態窒素濃度を算出。
bunseki7の画像
このページの先頭へ