独立行政法人
家畜改良センター十勝牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産、供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

牧場概要

イレネー号について

最終更新日 2017/03/13

十勝ばん馬の父 イレネー号

irenezou.jpgの画像
十勝牧場創立年である明治43年の11月にフランスから2,400円で当場に導入されたペルシュロン種の種雄馬3頭のうちの1頭が十勝地域の重種系馬の改良に大きな功績を残した「イレネー号」でした。
この馬は明治41年3月24日にフランス・オルヌ県(ノルマンディ地域)に産まれ、昭和3年5月22日に20才で死亡するまでの当場での18年間に1,074頭の種雌馬と配合を行い、579頭の産駒を生産、そのうちの196頭、またその直系の子孫363頭を合わせると、実に559頭が種雄馬として全道に分布し、5万頭あまりの種雌馬と配合を行っているのです。
こうした偉大な功績を讃えるべく、全国にも例を見ない種馬の銅像として十勝畜産組合が昭和5年8月に十勝公会堂前(帯広市西5条南8丁目)に建立しています。この除幕式には「来賓800人余り、一般観衆2,000人余りが集まった」と十勝毎日新聞は伝えています。
十勝牧場内にも大正、昭和初期の産駒成績優秀な種牡馬を納骨する馬魂碑が昭和2年に建立されていますが、イレネー号を意識して設置されたものであることは明白です。
このイレネー号の銅像は、第二次世界大戦の最中(昭和18年)に金属回収で姿を消してしまいましたが、昭和39年に十勝ばんえい競馬場の入口に再度建立されています。また昭和44年に、ばんえい競馬のデビュー年の2才(明3才)馬が競う重賞レースとして「イレネー記念」が創設されています。
bakonnhiの画像

十勝牧場の馬魂碑
このページの先頭へ