独立行政法人
家畜改良センター岩手牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

岩手牧場について

地勢及び気候

最終更新日 2017/03/24

岩手県のほぼ中央に位置する盛岡市の北部にあって、北西に南部富士と呼ばれる秀峰岩手山(2,038m)が望まれる。事務所はJR東北新幹線盛岡駅から北へ約8kmの地点にあり、用地は盛岡市と滝沢市にまたがって、国道4号線の西側に沿って東西1~2km、南北6kmに及ぶ細長い地形で、付近には独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構東北農業研究センター、独立行政法人森林総合研究所東北支所並びに岩手県農業研究センター畜産研究所等々、農業関係の試験研究機関が所在している。また、有史以来の交通の要所「滝沢分かれ」に接している。
標高は180~280mで起伏が多く、地質は洪積層火山灰土壌である。気温は、年間平均9.7℃と冷涼で1月下旬には-15℃前後に下降するが、夏季7月下旬~8月上旬には30℃を超える。初霜は10月中旬、晩霜は5月中旬で、積雪は30~40cmであるが3月中旬には融雪する。年間の降水量は1,328mmで6~9月の雨量が多い。なお、当地域の凍結深は30cmである。
choushaの画像
iwate-sanの画像
このページの先頭へ