独立行政法人
家畜改良センター岩手牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

飼料生産・環境対策

飼料生産・環境対策

堆肥化処理

最終更新日 2021/08/31

当場では、飼養する約800頭の乳用牛から発生する年間約14,000tの家畜ふん尿を約3,000tの副資材を用いて堆肥化処理を行い、年間約4,000tの堆肥を生産しています。
当場の堆肥化処理は①切り返し式たい肥舎による1次処理(約1ヶ月)と、②ロータリー式発酵施設による2次処理(約1ヶ月)の2段階方式で実施しています。

1次処理

たい肥舎の画像
たい肥舎
切り返し作業の画像
切り返し作業

2次処理

発酵処理施設の画像
発酵処理施設
ロータリー式攪拌機の画像
ロータリー式攪拌機
生産される堆肥はすべて、約400haの当場の採草地や飼料用トウモロコシほ場へ散布し、地力向上や物理性の改善に役立てています。
また一部は、衛生検査を行って細菌を測定し、岩手牧場で設けた衛生基準値以下で合格したのものは敷料として哺育・育成牛舎に利用しています。
堆肥の敷料利用の画像
堆肥の敷料利用
採草地への散布の画像
採草地への散布
このページの先頭へ