独立行政法人
家畜改良センター新冠牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

ご来場の皆様へ

最終更新日 2022/02/15

 家畜改良センターは、家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、 我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

 当場では乳用牛を飼養しており、家畜伝染性疾病の発生予防、まん延防止並びに外部への伝播を防止するため、様々な防疫対策を講じています。
 また令和2年6月の飼養衛生管理基準の改正を受けて防疫体制を一層強化しています。
 このため、場内に立入禁止地区および衛生管理区域を設定し、家畜伝染病の防疫に万全を期することとしています。

 つきましては、当場へご来場の際には、以下の事項についてご注意をお願いいたします。
● 窓 口
 ご来場の際には指定の経路を通行し事務所までお越しいただき、玄関前で踏み込み消毒および手指消毒を行った上で新冠牧場事務所1階の総務課窓口までおいでください。担当者までご案内いたします。
★事務所までの指定経路[PDFファイル:177.3KB]
キャプチャ.PNGの画像

● 畜舎周辺(衛生管理区域)への立ち入りについて
 家畜伝染病予防法の改正に伴い、場内の畜舎周辺については衛生管理区域とし、家畜伝染病の防疫に万全を期することとしています。衛生管理区域に立ち入る見学・研修等については、新冠牧場来場者一般防疫事項をご確認いただき来場者確約書に確約して頂くことを受け入れの条件としておりますので、ご了承ください。
立ち入り時にご注意いただきたいこと(詳しくは電話でお問い合わせください。)
1.当日に他の畜産関連施設(自宅の畜産施設を含む)等に入っていないこと。
2.過去1週間以内に海外から入国し、又は帰国していないこと。
3.他の畜産関連施設で使用した物品は、原則として持ち込まないこと。
4.過去4ヶ月以内に海外で使用した衣服及び靴を持ち込まないこと。 
5.その他、家畜改良センターから指示された防疫に関する事項を守ること。
● 消毒のお願いについて
 家畜伝染病の持ち込みおよび持ち出し防止のため、場内(衛生管理区域)への車両の入場、物品の持ち込みは必要最低限としています。車両の入場、物品の持ち込みを行う場合には、当場職員が洗浄・消毒を行いますので、ご理解・ご協力をお願いします。
 
このページの先頭へ