独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

平成20年度振興協議会の概要

平成20年10月20日
独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場
~日本の畜産 改良と技術で育てます~


平成20年10月17日、東京都中央区の馬事畜産会館で純国産鶏卵肉兼用種「岡崎おうはん」の生産と消費の拡大、ブランドの維持を図ることを目的として、平成20年度 第1回「岡崎おうはん」振興協議会を開催しました。
協議会では、国産鶏の必要性を理解して下さる消費流通業者、成鶏処理業者、生産者及び種鶏業者等が参集し、「岡崎おうはん」の性能について説明を行うとともに、規約、役員選出など今後の行動計画等について協議しました。
岡崎おうはんの写真(081020開催概要ページ用)の画像
「岡崎おうはん」は、肉質の良い横斑プリマスロックを父親とし、産卵性能の優れたロードアイランドレッドを母親として掛け合わせた卵肉兼用種で、産卵率は卵用専用種を超える成績、卵重は産卵後期でも増加しにくく一定を保ち、卵質は卵黄が非常に大きいという特徴を持っております。鶏肉は当然卵用鶏より産肉性が良く、食味は横斑プリマスロック特有の「美味しさ」が顕著であるとの意見が協議会の中で出されていました。

役員の選出

役員選出では、以下の方々が選出され了承されました。
会議風景の写真(081020開催概要ページ用)の画像
会長:小松伸好((株)小松種鶏場代表取締役社長)
副会長:石澤直士(トキワ養鶏代表取締役専務)
副会長:宮本一彦(六ツ美養鶏加工協同組合代表理事)
会計:鈴木 誠((株)ナチュラルアート最高経営責任者)
監査:吉田和生((株)大地を守る会生産グループ長)

今後の計画

今後の行動計画では、来年1月から(株)小松種鶏場よりコマーシャルひなが本格的に農家に供給開始されますが、商標登録等の手続きを行いつつ、試食会等による販売促進を推進していくこととしました。
なお、この協議会では、「岡崎おうはん」の生産と消費の拡大、ブランドの維持をしていただける方であれば、会社や個人でも会員になることが可能となっており、関心のある方は、下記の連絡先へお問い合わせください。
参考資料
問い合わせ先
  • 株式会社小松種鶏場
    〒390-0841長野県松本市渚3丁目6番19号
    TEL:0263-24-0151
    FAX:0263-24-0152
  • 独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場
    〒444-3161愛知県岡崎市大柳町字栗沢1-1
    TEL:0564-46-4581
    FAX:0564-46-4587
関連ページ
このページの先頭へ