独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

平成24年度第1回研究講座の概要

中部日本養鶏研究会(会長:独立行政法人家畜改良センター岡崎牧場長、米田勝紀)は、平成24年6月15日、愛知県岡崎市内で研究講座を開催し、約40名の養鶏関係者が参集しました。

冒頭の挨拶で米田会長は、「養鶏を取り巻く状況は依然として厳しいものがあるが、幸い今年は鳥インフルエンザ発生農場がなく、一息ついた感がある。中央の政局はTPPや消費増税の話題で揺れており、平成26年4月には我が家畜改良センターも、種苗管理センターと統合される方向ではあるが、養鶏についてはこれまでどおりの計画で進めているところである。近年、県との関係がだいぶ希薄になってきているが、日本鶏を通じて県との関係を挽回していきたいと思っている。中部日本養鶏研究会では今回のように重要な課題について講演会を開催している。今後とも更に精錬された会にしたいと思っているため、引き続き皆様方のご支援をお願いしたい。」と述べました。

研究講座において、鶏病研究会の佐藤静夫顧問から「ウィンドウレス鶏舎(採卵鶏)における鶏病の発生要因と対策」、また国産鶏普及協議の小松伸好会長から「国産鶏利用の重要性について」、さらに株式会社西垣養鶏場の西垣源正代表取締役から「たまごかけご飯で変わった!」について、ご講演をいただき、活発な質疑応答が行われ、今回も盛会のうちに幕を閉じました。

研究講座(14:00~17:00)

ウィンドウレス鶏舎(採卵鶏)における鶏病の発生要因と対策
平成24年度写真②佐藤静夫氏(鶏病気研究会)(6/5)の画像

佐藤静夫顧問
(鶏病研究会)
ウィンドウレス鶏舎での疾病の発生要因と対策について、ネズミやワクモ対策、熱射病対策、マイコプラズマ症やサルモネラ症対策といった、幅広い視点で大変示唆に富んだご講演をいただきました。
国産鶏利用の重要性について
平成24年度写真③小松伸好氏(国産鶏普及協議会)(6/5)の画像

小松伸好会長
(国産鶏普及協議会)
外国鶏に比べ、特に環境適応性や卵質に優れた純国産鶏について、今はブランドとして生産者や消費者にアピールする好期であり、また、国家戦略としてもその普及を進めて欲しいとご講演をいただきました。
たまごかけご飯で変わった!
平成24年度写真④西垣源正氏(西垣養鶏場)(6/5)の画像

西垣源正代表取締役
(株式会社西垣養鶏場)
卵を中心とした6次産業化、地産地消による地域活性化の優良事例として、立地条件を踏まえつつ、お客様を大切に、こだわりとコスト削減で積極的に事業展開され、大きな成果を上げられていることについてご講演をいただきました。
関連ページ
このページの先頭へ