独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

調査研究

豚の繁殖技術

最終更新日 2017/06/01

ブタ胚移植技術の開発 ~衛生的な種豚の広域移動への応用が期待できる~

通常の豚における胚移植では、実験室内の顕微鏡下で加温・希釈した胚を、手術室で外科的に移植するが、習熟を要する。そこで、現場で簡易に加温・希釈し、非外科的に移植することにより、生産現場で使用可能な胚移植技術を確立する。
buta_1の画像

ガラス化法の確立 ~衛生的に胚を保存することができる~

液体窒素に直接触れずに衛生的に長期保存をすることができるガラス化法(Micro Volume Air Cooling(MVAC)法)を確立し、特許を取得した。
buta_2の画像
このページの先頭へ