独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

講習及び指導

講習及び指導

最終更新日 2016/03/28

独立行政法人家畜改良センターは、国、独立行政法人、地方公共団体、公益法人等の職員、農業者等を対象として、以下の講習及び指導を行っております。詳細は、各研修・講習会等名をクリックしてご覧下さい。

受精卵移植技術指導者研修別ウインドウで開きます

都道府県、農業団体等の受精卵移植技術の指導的立場にある技術者に受精卵移植技術に関する最新の技術を付与することにより、都道府県段階で受精卵移植技術の向上を図ることを目的として実施しています。
(開催場所:本所)

家畜人工授精に関する講習会別ウインドウで開きます

馬、めん羊及び山羊の飼養者、農業団体職員等を対象として、家畜改良増殖法第16条第2項に基づく家畜人工授精に関する講習会を開催し、受講者等を通じて本技術の普及を図り、我が国、馬、めん羊及び山羊の生産振興に資することを目的として実施しています。
なお、本講習会の全課程(免除科目がある者は免除されるもの以外の科目)を修了し、修業試験に合格した方は、家畜人工授精師免許証が取得出来ます。
(開催場所:十勝牧場(馬、めん羊)、長野支場(山羊))

個別研修別ウインドウで開きます

畜産技術の普及を図るため、畜産関係の研究者、指導者、技術者、学生、農業者、就農希望者等を対象に、以下の技術の習得を目的とした研修を実施しています。(研修場所:本所及び各牧場)
・家畜(牛(乳用牛、肉用牛)・豚・鶏(採卵鶏、肉用鶏)・馬・めん羊・山羊等)の飼養管理、繁殖技術・家畜衛生業務・食肉分析技術・家畜ゲノム解析技術・粗飼料生産技術・飼料作物の種苗生産、検査技術・飼料分析手法・堆肥処理技術等

その他講習会等

本所、各牧場において、地域の畜産振興上の課題等に対応するため、各種講習会の開催、技術指導を行っています。
このページの先頭へ