独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

家畜改良

種畜を移動される場合の留意事項

最終更新日 2017/05/25

家畜改良センターが行う定期種畜検査は、各都道府県別、更に都道府県内をいくつかの班に分けて実施しているため、各都道府県や班毎に実施時期が異なります。


種畜の中には、繁殖のために都道府県や班を越えて頻繁に移動しているものもあると思われますが、上述のように定期検査の時期が異なるために、種畜を移動するタイミングによっては検査を受けられないといった事態が生じる可能性があります。


そのような場合、都道府県の実施する臨時種畜検査を受検することが考えられますが、種付け又は精液採取はその都道府県内に限られておりますので、不都合が生じることも考えられます。


種畜の移動を計画されている方でこのような事態が予想される場合は、事前に下記問い合わせ先までご連絡下さい。可能な範囲で日程調整等の対応を行いたいと考えています。


また、牛について飼養者の変更等があった場合は、個体識別情報の異動報告を忘れずに行うようお願いします。

 

お問い合わせ先
独立行政法人 家畜改良センター 改良部種畜課種畜検査係
〒961-8511 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字小田倉原1番地
TEL:0248-25-4509
このページの先頭へ