独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

飼料作物

飼料作物種子の増殖のしくみ

最終更新日 2017/05/25

飼料作物とは

牛や馬など主に草食性家畜にエサとして与えるために栽培される作物のことを「飼料作物」といいます。日本で主に栽培されている飼料作物には、イタリアンライグラス、チモシー、アルファルファといった牧草類やトウモロコシ、ソルガムなどの青刈り類があり、乾草やサイレージなどに調製したり放牧に利用されます。

公的育成品種

国内の公的試験研究機関で育種(品種改良)された品種のことを「公的育成品種」と呼んでいます。現在、全国にある独立行政法人や道県の試験場で、其々の地域に適した飼料作物の育種が行われています。
日本の気候風土に適した優良な公的育成品種をぜひご利用ください。(品種の詳細は「 飼料作物の草種と品種 」をご覧ください。)

飼料作物種子の増殖のしくみ

新たな品種の種子(育種家種子)の量はわずかであるため、国内(家畜改良センター)での増殖及び海外契約採種により、農家段階で利用できるだけの種子の量を確保しています。この、海外への種子の輸出及び再輸入(里帰り種子)に際しては、「OECD種子品種証明制度」を利用し、我が国と採種が行われる契約相手国との間を流通する牧草種子について、品種の真正性を相互に保証しあっています。
なお、上記の公的育成品種とは別に、種苗会社においても、国内における栽培面積の多い草種の品種育成・種子増殖が行われています。

種子増殖の仕組み(公的育成品種)

注:下のフロー図中の項目をクリックすると解説ページにジャンプします。

種子増殖の仕組み(公的育成品種)新品種の育種(育種家種子)から畜産農家での利用(保証種子)まで

新品種の育種(育種家種子) 国内でのもと種子の2世代増殖(原原種子・原種子) 海外での増殖 飼料作物(公的育成品種)の主な草種と特性 新品種の普及を目的とした調査展示用配布 OECD種子証明制度に基づく検定 ISTA規則に基づく品質検査 OECD種子品種証明 種苗法に基づく検査 カルタヘナ法に基づく遺伝子組換え体検査

増殖による種子量変化

【公的育生品種 ~ 育種家種子から保証種子(里帰り種子)まで】
育種機関による新品種の種子1kgを原原種子、原種子、保証種子250,000kgに増殖の画像


イタリアンライグラスの例の画像

このページの先頭へ