独立行政法人
家畜改良センター宮崎牧場

家畜の改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

来場される皆様へ

最終更新日 2017/02/24

宮崎牧場では、飼養する家畜を伝染性疾病から守るため、厳しい防疫体制をとっています。
来場される際には、以下の注意事項を必ずお守りください。
なお、豚飼養地区への入場は、原則としてできませんのでご了承ください。

【注意事項】
1.来場当日に他の畜産関連施設※に立ち入らないこと。
2.過去1週間以内に海外から入国または帰国していないこと。
3.他の畜産関連施設で使用した物品は、原則として持ち込まないこと。
4.過去4ヶ月以内に海外で使用した衣服及び靴を持ち込まないこと。
5.その他、職員から指示された防疫に関する事項を守ること。

※畜産関連施設とは、畜舎(自宅の施設を含む)、食肉処理場、家畜市場、動物園、動物の病原体を扱う施設(家保、畜産系大学等)、家畜診療施設等、家畜を飼養している施設や病原体に汚染されている可能性のある施設をいいます。
このページの先頭へ