独立行政法人
家畜改良センター岡崎牧場

家畜改良の推進、優良な種畜や飼料作物種苗の生産・供給等を通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています。

岡崎牧場の飼養管理(成鶏)

岡崎牧場の設備

岡崎牧場の成鶏地区には鶏舎が19棟あります。内訳は、単飼ケージ鶏舎17棟、群飼ケージ鶏舎2棟です。

成鶏地区の外観

成鶏(♀)鶏舎内部

育すう鶏舎から成鶏鶏舎への移動(雄:4月~、雌:6月~)

成長に伴い大きくなってきた鶏たちは、群で飼育されていた育すう鶏舎を離れ、成鶏舎へ移動していきます。成鶏舎では、1ケージ当たり1羽の収容となっており、これにより個体識別が可能となっています。

日常管理

  • 産卵の有無のチェック→集卵作業
岡崎牧場ではバーコードを利用し、個体ごとに産卵の有無の記録をとっています。
産卵の有無のチェックが終わると集卵作業に入ります。

記録簿による記録管理

バーコードリーダーによる記録管理

卵へ個体番号を記入(種卵)

集卵作業

卵質検査(10月後半~12月(36週齢時))

36週齢時に達した鶏について、卵質検査を行っています。

選抜(12月半ば(約40週齢))

産卵の有無のチェックや卵質検査等により収集したデータに基づき、選抜を行います。
選抜とは、親として用いる個体をその能力によって選び、望ましくない個体を淘汰することです。
このようにして選ばれた鶏を用いて、後代採取を行っています。

後代採取(1~3月)

岡崎牧場では、成鶏を単飼ケージで飼っているため、鶏が自然交配することができません。
そこで、人工授精を行っています。人工授精で得られた種卵をふ卵舎へ運び込んでいます。
関連ページ
このページの先頭へ