独立行政法人
家畜改良センター

家畜改良の推進、優良な種畜や資料作物の種畜の生産・共有などを通じて、
我が国の畜産の発展と国民の豊かな食生活に貢献することを使命としています

家畜改良

肉用牛評価

最終更新日 2015/07/11

 肉用牛の場合、各都道府県で育種改良を行っていることもあり、全国一律に枝肉データを収集する体制が十分に整備されていませんでしたが、広域的・効率的に改良を進めるために、県域を越えた枠組みで改良が進められようとしています。
 ここでは肉用牛の広域での改良を推進するため、収集された枝肉データを利用して、家畜改良センターが行っている遺伝的能力評価の試みや分析について紹介いたします。
このページの先頭へ